堀内 涼平(あずみ野工場第二製造課テトラライン)

社員の声

堀内 涼平 あずみ野工場第二製造課テトラライン 2012年入社

理解・尊重・信頼をモットーに

堀内 涼平

あずみ野工場第二製造課テトラライン(2012年入社)

  • ゴールドパックに入社した理由は?

    小学生の頃、工場見学で訪れたゴールドパック。幼い頃から家にはいつも信州・安曇野りんごジュース。
    就職先を考える時には自然とゴールドパックが頭に浮かんできました。私の様に、ゴールドパックのジュースで育ったと胸を張って言える人を1人でも多く増やしたい。そんな思いから入社を決めました。

  • 現在はどんな仕事を担当していますか?

    テトララインの外包装工程を担当しています。テトララインとは、紙容器のジュースを製造しているラインで、パックに賞味期限の印字をうち、ストローを貼り付け、箱に詰めている機械のお世話をしています。

  • ゴールドパックのあゆみ

    入社以来あずみ野工場テトラライン外包装工程一筋です!

  • 実際入社してみた感想

    学生時代には経験できなかった機械のことや、電気のこと。苦労することも沢山ありますが、信頼できる先輩や仲間に囲まれ、楽しく仕事ができています。

1日のスケジュール

6:00 出社・朝礼
6:15 メールチェック・生産予定確認
6:30 生産準備
8:00 生産開始・機械のお世話
11:00 昼食
12:00 機械のお世話
15:00 メールチェック
15:15 機械のお世話
16:00 退社
  • 現在の仕事のやりがいを教えてください

    コンビニやスーパーなどで、自分が携わった製品を手に取っているお客さんを見ると嬉しくなり、つい目で追ってしまいます。また、一人でも多くの人を笑顔にしたいという気持ちがあるので、店頭に並んでいる製品を選んでいる方を見るとモチベーションが上がります。

  • 印象に残っているエピソード

    担当している製造現場で、パレタイザーというケースをパレットに積む機械があります。その機械を新しく更新するため機械メーカーへ出張する際に、上司に帯同者として選んでいただき、信用されているようで、嬉しく感じました。

  • 勤務先の魅力は?

    四季折々で表情を変える山々は、ときに疲れを吹き飛ばすほどの雄大さを見せます。とても都会とは言えない田舎ですが、春は山菜、夏には透き通った川でBBQ、秋は涼しげに虫が鳴き、冬にはスキーやスノーボードを楽しむことができます。

学生の皆さんへメッセージ

学生のうちにしかできない挑戦や経験がたくさんあると思います。そこで学んだこと、また趣味や部活が就職してからの自分の強みになることもあります。私も部活動の柔道で培った精神力や忍耐力が辛い時の底力になっています。就職活動中は大変なこともたくさんあると思いますが、今までの経験を糧により良い未来に進めるよう、頑張ってください!