篠原 崇(恵庭工場 生産本部 品質管理課)

社員の声

篠原 崇 恵庭工場 生産本部 品質管理課 2002年入社

お客様への安心安全な製品の提供

篠原 崇

恵庭工場 生産本部 品質管理課(2002年入社)

  • ゴールドパックに入社した理由は?

    学校で習得した分析や微生物の検査などの知識を活かせる職場と感じ、清涼飲料水という身近で欠かせなくなっている製品の製造に興味を持ったからです。また、学校からの卒業生も多く勤務していたことから興味を持ちました。

  • 現在はどんな仕事を担当していますか?

    品質管理の仕事が主で、調合液の分析、生産時のライン確認、製品の微生物検査などになります。
    あとは、ブランドオーナーさんへの報告書の作成を行ってます。
    社内教育訓練として、官能訓練用のサンプルの作成も定期的に行ってます。

  • ゴールドパックのあゆみ

    入社時から、品質管理の業務を行い、主に調合液等の分析、工程管理、微生物検査を行っています。
    以前は他工場の勤務も経験し、同じ品質管理の業務でも作っている製品やブランドオーナーの違いで管理が違うこともあり、非常に勉強になりました。
    また、製造の業務も経験し、調合液を作る事も品質管理を行う上での知識となり、製造への応援要請にも応じることが出来ます。

  • 実際入社してみた感想

    今まで何気に手に取り飲んでいた製品が、多くの人の手で作られ、pHなど細かい数字で管理されているのを知り、驚き感動しました。
    勤務体制も、お客様の要望に出来るだけ応えられるように昼夜問わず製造し、提供するのはプロだなと思いました。
    ただ、入社時は日勤夜勤と体のリズムが狂い大変でしたが、今は慣れました。

1日のスケジュール

6:00 出社・朝礼
7:00 出社、交代(夜勤⇒日勤)検査業務
9:00 報告文書作成、メール報告等
10:00 微生物検査
12:00 昼食
13:00 お昼休憩
13:30 日報類整理
15:00 サンプル作成
17:00 退社
  • 現在の仕事のやりがいを教えてください

    自分たちが携わった製品を外出時や店頭で見かけ、購入されておいしそうに飲んでいるのを見かけると励みになりますし、その為にも品質にはいっそう注意を払い、第一に行いたいです。

  • 印象に残っているエピソード

    成功談は記憶にないというか、無いと思います。失敗談はありますが、書けないです。
    ただ、入社当時に仕事帰りに同期や先輩たちと飲みに行くことが多かったのですが、よくハメを外してしまい、たくさんご迷惑をお掛けしました。すいません。

  • 勤務先の魅力は?

    恵庭市は、札幌と千歳空港の間にあり、立地、自然環境にも恵まれている為、子育てには良い環境だと思います。大きな国道、JRの快速も発着する為、札幌等に遊びに行くにも、利便性が高いので子供と野球観戦に行きます。

学生の皆さんへメッセージ

自分もそうでしたが、就職活動中は内定がもらえるか悩み、不安でしたし、周りの同級生が決まりだすと焦りました。でも、ただ焦って空回りしても、いい結果に繋がらないと思うので、しっかりと自分を持って取り組んで下さい。
全てが納得のいく結果は難しいと思いますが、視野を広げて、いろんな可能性にチャレンジして下さい。